幼児教育振興法とは?

幼児教育振興法とは?

幼児教育振興法とは、現在制定を目指している法律です。
幼少期は人格や知能を形成する大切な時期です。
すべての子どもが平等に質の高い教育を受けられるようにというのが、幼児教育振興法になります。

 

幼児教育振興法の基本的施策は主に3つあります。

 

質の向上

教育施設や教育者の充実を図り、家庭での教育も支援していく

 

体制の整備

国、都道府県、市町村で協力し、幼児教育センターを設置、幼児教育アドバイザーの確保を行う

 

無償化の推進

家庭の経済的負担を軽減し、幼児教育を無償で受けられるようにする

 

経済状況や住んでいる地域などにより、受ける教育の質に差が出ることはあります。
幼児教育振興法があるとこういった差がなくなるでしょう。

 

幼児教育振興法の制定を目指し、署名を行っている幼児教育施設も多いようです。
子どもの将来のためにはあった方が良い法案ですので、早急に制定されるよう署名活動を行っているということですね。
もし署名を求められたら、応じてみてはいかがでしょうか。